竹田市のささえあい活動を存続して繋げていくための実態把握を久住地域の65歳以上75歳未満の方を対象に行ないます

2022/10/28

竹田市のささえあい活動を存続して繋げていくための実態把握を久住地域の65歳以上75歳未満の方を対象に行ないます

高齢者の方々が安心して暮らし続けていくために、介護保険などの公的サービスに加え、地域住民同士が活動し、お互いでささえあう地域づくりが求められています。
竹田市では、地域の通いの場が県下で一番多く、住民が主体となって助け合い活動をしており、介護予防に大きな効果をあげていますが、支える人の高齢化や後継者不足により、活動の存続が難しくなっています。
今回の実態調査では、今後の竹田市のささえあい活動を存続して繋げていくための実態把握として、65歳以上75歳未満の方を対象に行ないます。

対象となる方のご協力をお願いいたします。

*画像クリックでPDFファイルが開きます

木パターン
木パターン
木パターン